リハビリログ

リハビリログ

リハビリについて、身体について学んだことをわかりやすく若手セラピストに向けてまとめ伝えていきます。

MENU

新しいブログへ移行した

新たにブログを開設し、そちらのほうで、これから、記事を書いていきたいと思います。 こちらで書いた記事は、改めて編集したものを新しいブログに載せます。 また、新しい記事も上げていきますので、これからもよろしくお願いします。 新しいブログ:Re‐Bod…

小殿筋の機能! 股関節にとって重要なの知ってますか?

今回は、最近、勉強していて面白いと思った小殿筋の機能について! 大殿筋や中殿筋は、よく聞くけど、小殿筋はあんまり聞かないですよね。 実は、小殿筋は、股関節が円滑に、機能的に働くうえで重要なんです。小殿筋が機能しないと股関節はうまく動かず、大…

足関節背屈制限〜筋・組織から見る可動域改善のポイント〜

今回は、足関節背屈制限の原因となる組織についてです。 制限因子となる大きな組織は、 ・下腿三頭筋 ・長母趾屈筋 ・脂肪体(Kager's fat pad、Pretaler fat pad) これらが足関節背屈制限に大きく影響する筋や組織です。 では詳しく、まとめていきましょう…

足関節背屈制限〜骨の動きから見る可動域改善のポイント〜

臨床において、どんな疾患においても、足首が硬いや足関節の背屈が全然ないってことを感じたことがあるのではないでしょうか? 足部は、骨がいっぱいあってよくわからない、ストレッチするけど可動域が変わらないということを思ってる人も多いかと思います。…

運動するときのフォーム、基準~ニュートラルポジションの重要性~

より効率の良い動作を行うために、動作には正しいフォーム、基準となる動作があります。野球でのバッティング、サッカーでボールを蹴る動作、歩行も正常歩行があり、それぞれの動作には、フォームがあります。そして、我々理学療法士は、そのフォームを元に…

着座を見逃してない?着座の重要性と立ち上がりとの違い

基本動作に関しての教科書などを見ても立ち上がりに関しては、詳しく書いてあることが多いです。学生の動作分析でも、立ち上がりは観察するけど、着座は分析していない人が多い。実際のリハビリ現場でも立ち上げって、歩行訓練を行い、何気なく座るというこ…

理学療法×ピラティス〜運動療法を大きく変えるピラティスとは〜

最近、美容、ダイエットなどでヨガが一般的にひろまってますね。それに合わせて、海外のセレブなどが美容などのために行なっていて、注目されているのがピラティスです! 意外にも、私の周りの人も知らない人たちが多いです。美容、ダイエットなどで注目され…

リハビリにおける立ち上がり動作分析の3つのポイント

臨床において、何気なく、立ち上がって歩いて歩行を見たり、していないですか? 立ち上がりは、座位姿勢から重心を前方と上方へ移動しなければならないため、基本動作の中で難易度としては高い動作です。そのため、椅子から立ち上がれなかったり、代償動作が…

整形外科テストをどう使う~下肢の神経症状の鑑別~

前回に続いて、整形外科テストの使い方をまとめていきます。今回は、下肢の痺れ・疼痛などの神経症状を鑑別するための整形外科テスト。 回復期では、既往歴に腰部疾患がある患者であれば、痺れ・疼痛の原因は、予測されます。しかし、既往歴に腰部の疾患はな…

整形外科テストをどう使う~股関節の疼痛、筋短縮を鑑別する方法~

臨床の現場において、問題点が見つかり、治療を行いたいと思うが実際にどの組織が原因であるかがわからないということは、若手のうちはよくあることではないでしょうか。そんなときは、基本に立ち返り、学校で習う、整形外科的テストを活用してみるとよいと…

姿勢を改善するには~4つの不良姿勢の特徴・評価~

臨床において、立位での評価をする際、まず姿勢から評価する人は多いと思います。静的な立位姿勢は、立位での動作、歩行を行うスタートポジションなので次の動作に影響してきます。そのため、姿勢を評価することは、重要です。また、姿勢を改善することで症…

関節のモビリティ、スタビリティって何?Joint by joint theoryについて

関節には、それぞれ役割があることを知っていますか?関節には、モビリティとスタビリティの2つの役割があり、それぞれの関節で主要な役割を担っています。この役割を果たせなくなると、腰痛や変形性膝関節症(以下:膝OA)などの慢性疾患を患ってしまいます…

股関節可動域制限~改善するための評価ポイント~

大腿骨頸部骨折、人工股関節全置換術(以下:THA)など股関節疾患において股関節の可動域制限が問題になる場面を多く経験すると思います。股関節に制限があることで、靴を履く動作、歩行など様々なADLの障害が現れます。そのため、可動域の改善は必要なこと…

リハビリのための大腿骨頸部骨折の病態、手術の理解

今回は、大腿骨頸部骨折について。 病院でセラピストされている方であれば、見る機会が多い疾患ではないでしょうか。 病院で働いていなくても学生時代実習で一度は、かかわったことがあると思います。 そんな、大腿骨頸部骨折のリハビリに必要な病態や基本的…